プロフィール

ナガ

Author:ナガ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ランニングの日々
去年は一輪車にはまってしまいました。今年こそウルトラマラソンに挑戦します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標4分
校内持久走大会がいよいよ近づいてきた。

「新幹線のガード下まで猛ダッシュ」「○○農園の看板までちょっとゆっくり」「クリーニング屋さんまでスピードアップ」「最後は全開ラストスパート」と区切りをつけて練習を積むことで、わが子のランニングもだんだんと力強くなってきた。最初は走りとおすこともできなかったコース、距離にして800mあまり、も5分を切り、4分半も切って、当初は夢のまた夢だった4分以内が、現実味を帯びてきた。

そこからが難関。何度か、「目標4分」「達成できたらイナズマイレブンのカード」とハッパをかけるもなかなか「惜しい」というところにすら行かないという厳しい現実が小学一年生に立ちはだかった。

期限を設定しないとダメっぽいぞ。「○月×日までに切れなかったらイナズマは無効」ということにした。

1回目。
途中のゆっくりめの区間のペースを少し上げることにしてスタート。全般的にいいペースで走れた。30秒ぐらいかかる最後の区間に入ったところであと30秒弱。すでに苦しみの極みの表情。「行けるかも!」と声を張り上げて本気の本気モードにさせたのだけど結果は4分2秒。ゴールと同時にGPSを覗きこむわが子。画面を見て泣き崩れる。私の応援の言葉ですでに「当確」と思っていたのかもしれない。2秒は惜しすぎる。オレだって悲しい。でもアウトはアウトだ。「まだ最後じゃない」と励ますのだけど、ショックからはなかなか立ち直れない。それより2秒の差なんて絶対取り返せる。ここまで迫れたわが子を誇りに思うのであった。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。