プロフィール

ナガ

Author:ナガ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ランニングの日々
去年は一輪車にはまってしまいました。今年こそウルトラマラソンに挑戦します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王滝MTB100km参戦記 その2 「コーウンノメガミ」の巻
ランエボ先生が去るや否や、満腹のお腹に陣痛が走った。「来たな」レース前にすっきり出来るぞと喜び勇んで仮設トイレに向かう。しかしやることはみんな一緒。すでに仮設トイレの前には大行列ができていた。トイレの数は11基。スタートまでの時間は45分。行列の人数はざっと数えて60人。1人あたり3分とすれば十分間に合う。これがホントの「ウンを天にまかすということだな」と悠然と構えるも、どうも回転が遅い。11基で3分/人なら17秒に一人出てくる計算になるのだが、1分にひとりといったところである。遅いにもほどがある。誰も入っていないトイレがたくさんあるのでは?と真剣に疑ったが、どうやらすべてのトイレで人の出入りが行われていた。つまり本当に所要時間が長いということだ。なおさらタチが悪いではないか。

コーウンの女神(何ちゅう女神やねん)は、それでも微笑んだ。時間が経つにつれ、明らかに回転が速くなってきたのである。生理現象も都合よく出来ているということか。女神様にからかわれていたようでもある。とにかく危機一髪助かったのだ。文句は言うまい。

自転車まで戻るとスタート15分前。急いで着替えを済ませ、荷物のチェックをし、スタート地点に向かう。ほとんどの人がすでにスタートに集まっている。1000台の気合の入ったMTBが並ぶ光景というのは壮観である。初参加の自分はほぼ最後尾。まあ完走目的で、最初のチェックポイントまではウォームアップのつもりなのでこれでいいだろう。とにかくスタートには並ぶことが出来た。装備がちゃんとそろっているのか不安で仕方なかったが、どうやら問題なさそうだ。夢に見ていた王滝MTB100kmにいよいよ出走できる。初めてこのレースの存在を知った時の感動が甦ってきた。6時。遠くでラッパが鳴り響いた。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

なんとも・・・面白くておかしくて笑ってしまいました。。
でもよかった無事に。。。。
私なんか。。。

ここではいえません。。
あははっははあ。。。

先日の20kmロードレースで。。

あははっははっははあ。。。

ダメだ。。こりゃ^。。
【2008/09/22 15:35】 URL | プリンセスキャンディ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。